« 2008年4月26日茜浜~幕張海岸でシギチドリ他のカウント と谷津干潟 | トップページ | 2008年4月29日高尾山 »

2008年4月28日 (月)

2008年4月27日埋立地カウント調査

昨夜からの雨が、9時近くまで小雨となって残り、その後もしばらくは厚い雲と冷たい風で、悴む埋立地の朝でした。

太陽が顔を出したのは10時すぎ。一気に春めいて、冷たい風も心地よく、セッカとヒバリの囀りが埋立地を覆い尽くしました。

ツバメ以外の夏鳥たちも、漸く埋立地にやってきました。

オオヨシキリはギョギョシギョギョシと元気いっぱい。

コアジサシも8羽確認。アジサシは1羽。

一方でピーク60羽ほどまで数えたツグミは、わずか16羽。

繁殖羽となって赤味を帯びたタヒバリもすっかり減りました。

オオジュリンも一羽だけ。

シギチドリは11種。僅かばかりとなった泥湿地にあつまっていました。Dsc_1627

アカアシシギが1羽いました。すっかり夏羽(繁殖羽)です。

すぐ後ろにいるのはトウネン。30羽ほどいました。その中で1羽だけ冬羽の個体がいました。幼鳥ではなさそうでしたが、なぜこうも差ができるのでしょうか・・・その1羽を除いては、すべて夏羽ないしは換羽中の個体でした。

Dsc_1676同じアカアシシギです。

後ろはメダイチドリ。この個体は多分幼鳥。美しい赤い胸帯はありません。

Dsc_1649 アカアシシギが、埋め立て地の沼地で何かを捕まえました。魚か巨大なオタマジャクシのように見えます。

Dsc_1651 アカアシシギは、この大きな獲物をあっと言うまに飲み込みました。

むなびれがありますので、やはり獲物は魚なのでしょうか・・・

Dsc_1658 アカアシシギは、大きな獲物を飲み込んだあと、水浴びして、羽繕いして、満足げに寝てしまいました。

Photo キアシシギハマシギ

キアシシギは今シーズン、当地では初記録。

この鳥を見ると、やはりシギチシーズン到来を実感します

ハマシギも皆夏羽です

Dsc_1633 タカブシギは2羽いました

地味ですが、やはり夏の装い

Dsc_1641 カンムリカイツブリの夏羽

5月に入ったら、もう東京湾からは姿をけすのでしょうか

Dsc_1683 バン

冬の間、おそらく茂みに隠れて余り姿を見せなかったバンも繁殖期で、結構、そうバンにしては、ですが、派手に動き回ります

♂のバンはナワバリの侵入者に攻撃的に威嚇しました。

君もやるときはやるじゃん・・・

2008 4月27日 (日) くもりのちはれ
8:30~14:00
Tani Ogasa Miyazaki & me
1 カイツブリ 2
2 アカエリカイツブリ 1
3 カンムリカイツブリ 3
4 カワウ 15
5 チュウサギ 1
6 アオサギ 3
7 マガモ 4
8 カルガモ 16
9 コガモ 55
10 オナガガモ 2
11 ハシビロガモ 26
12 ホシハジロ 7
13 キンクロハジロ 320
14 スズガモ 820
15 トビ 13
16 バン 5
17 オオバン 2
18 コチドリ 14
19 シロチドリ 7
20 メダイチドリ 41
21 キョウジョシギ 100
22 トウネン 29
23 ハマシギ 60
24 アカアシシギ 1
25 タカブシギ 2
26 キアシシギ 8
27 イソシギ 4
28 チュウシャクシギ 5
29 ユリカモメ 1800
30 セグロカモメ 35
31 オオセグロカモメ 14
32 カモメ 23
33 アジサシ 1
34 コアジサシ 8
35 ヒバリ 11
36 ツバメ 13
37 ハクセキレイ 5
38 タヒバリ 9
39 ヒヨドリ 1
40 ツグミ 16
41 オオヨシキリ 3
42 セッカ 24
43 オオジュリン 1
44 カワラヒワ 3
45 スズメ 55
46 ムクドリ 90
47 ハシボソガラス 3
48 ハシブトガラス 560
49 ドバト 50

|

« 2008年4月26日茜浜~幕張海岸でシギチドリ他のカウント と谷津干潟 | トップページ | 2008年4月29日高尾山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/41019061

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年4月27日埋立地カウント調査:

« 2008年4月26日茜浜~幕張海岸でシギチドリ他のカウント と谷津干潟 | トップページ | 2008年4月29日高尾山 »