« Birding in Mongolia | トップページ | 2009年6月14日埋立地カウント調査 »

2009年6月12日 (金)

ツミ

Dsc_0234 ツミのヒナが生まれたと伺って

教えていただいた公園へ向かいましたDsc_0153

ツミ♂Dsc_0207

.

.

ツミ♀

この巣に4羽のヒナがいる由。

高いところなので

2羽までしか確認できませんでした。Dsc_0165

ツミ♀

この後獲物を巣にいるヒナに運びました

.

.

ツミが営巣すると必ずその林にオナガが巣を作ります。

もちろん局地分布のオナガですから、その分布域内に於いてという但し書き付きでしょうが、

私の知る限り、すべてのツミの巣の周辺にオナガが営巣しました。

気の荒いツミが、オナガの天敵であるカラスを追い払うからというのが、間違いなくその理由。

ですが、かねて不思議に思っていたのは、オナガにとって、猛禽のツミは安全なのか?です。

特にひなにとって・・・

以前恋ヶ窪の林でツミが営巣していましたとき、周りに3つもオナガの巣を見つけました。皆抱卵中で、ヒナにはなっていませんでした。

きょうのツミの巣の林にも、やはりオナガが営巣中でした。

オナガたちは、ツミに対し盛んに警戒声を発していました。これは初めて見ました。

かなりキワドいモビングをも繰り返しました。

推測ですが、オナガの巣にはヒナがいるに違いありません。

カラスから守ってくれる守護神ツミも、オナガのヒナを襲うでしょうから、オナガの親にとって最早守護神ではないようです。

11:00~12:30
1 カルガモ
2 ツミ
3 キジバト
4 ツバメ
5 ヒヨドリ
6 シジュウカラ
7 スズメ
8 ムクドリ
9 オナガ
10 ハシブトガラス
11 ドバト

|

« Birding in Mongolia | トップページ | 2009年6月14日埋立地カウント調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/45316944

この記事へのトラックバック一覧です: ツミ:

« Birding in Mongolia | トップページ | 2009年6月14日埋立地カウント調査 »