« 2009年12月6日 埋立地カウント調査 | トップページ | 明治神宮 »

2009年12月12日 (土)

福島潟と瓢湖

田んぼに降りたヒシクイの大きな群に

ハクガンとサカツラガンが混じっていました。Dsc_0245

ハクガンDsc_0249

2時ごろ見つけ、1時間あまり、このハクガン1とヒシクイ200ほどとサカツラ1とマガン30の群を眺めていました。

Dsc_0203 Dsc_0224

サカツラガンと亜種オオヒシクイの大きさに注目

オオヒシクイの方が明らかに大きいことが分かります。

図鑑で見るとサカツラは日本産ガン最大とありますが、嘴が長いことと頸が長いことで全長が勝るのでしょう。

野外では重量感が大きさのイメージを作っていると思います。

個体差もあろうかと以前福井県で見た時のこと、サカツラがたまたま亜種ヒシクイの近くにいたのを思い出し、その写真を探しました。Dsc_0138

2006年1月。

マガンの群のなかにいたサカツラガンです。一羽の亜種ヒシクイに近づきました。ほとんど同じ位の大きさに感じます。

ハクガンは目立つのですが、下を向いて餌取りに余念がないサカツラガンは、一度眼を離すとどこへ行ったか分からなくなります。

Dsc_0293 この嘴がオレンジ色をしたガン。これも亜種オオヒシクイです。

ちょっとまごつきます。

Photo オジロワシ

田んぼの畦に降りていました

1 カイツブリ
2 カンムリカイツブリ
3 カワウ
4 ダイサギ
5 アオサギ
6 マガン
7 ヒシクイ
8 ハクガン 1
9 サカツラガン 1
10 オオハクチョウ
11 コハクチョウ
12 マガモ
13 カルガモ
14 コガモ
15 トモエガモ ♂1
16 ヨシガモ ♂1
17 ヒドリガモ
18 オナガガモ
19 ハシビロガモ
20 ホシハジロ
21 キンクロハジロ
22 ミコアイサ
23 トビ
24 オジロワシ 1
25 オオタカ
26 ノスリ
27 ハイイロチュウヒ ♂1、♀1
28 チュウヒ
29 ハヤブサ
30 コチョウゲンボウ 2
31 チョウゲンボウ 1
32 キジ 2
33 オオバン
34 タゲリ
35 キジバト
36 カワセミ 1
37 ハクセキレイ
38 セグロセキレイ
39 ヒヨドリ
40 モズ
41 ツグミ
42 ウグイス
43 シジュウカラ
44 ホオジロ
45 カシラダカ
46 アオジ 1
47 オオジュリン
48 スズメ
49 ムクドリ
50 ハシボソガラス
51 ハシブトガラス
52 ドバト

|

« 2009年12月6日 埋立地カウント調査 | トップページ | 明治神宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/47000945

この記事へのトラックバック一覧です: 福島潟と瓢湖:

« 2009年12月6日 埋立地カウント調査 | トップページ | 明治神宮 »