« 2010年6月13日 埋立地 | トップページ | 2010年6月20日 埋立地 »

2010年6月17日 (木)

神代植物園ほか

Photo 深大寺に行くたびに、いつも恐る恐る、覗きこむように、元三大師の石像を拝みます。比叡山の第十八世天台座主・元三慈恵大師良源大僧正。

 netのClossTalkに

『疫病が流行していた永観2(984)年、元三大師は鏡の前で座禅をし、自らの姿を骨ばかりの鬼に変え、その姿を写した弟子の絵を、お札に刷って家々の戸口に張るように命じ、疫病を退散させた、という。自ら鬼となって魔物と闘うので、降魔大師の名がある』

とあり、その容貌怪異ともいえるお姿に納得します。

Photo_2 Photo_3植物園には、 いつものようにカワセミがいて、カルガモがいます。この♂のカワセミには、幼羽が残っています。この春生まれたカワセミのようです。

Dsc_0668 Photo_4 ハナショウブが美しい水生植物園ではスッポンとアオダイショウがいます。

植物園のあと、気掛かりだったヒナが生まれたはずのツミの様子を見に行きました。

2 Photo_5  相変わらずオナガとツミのいざこざが延々と続いています。

2_4 Photo_6 

|

« 2010年6月13日 埋立地 | トップページ | 2010年6月20日 埋立地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/48653981

この記事へのトラックバック一覧です: 神代植物園ほか:

« 2010年6月13日 埋立地 | トップページ | 2010年6月20日 埋立地 »