« 庭 | トップページ | 埋立地カウント »

2010年8月12日 (木)

キンクロハジロの繁殖

キンクロハジロが今首都圏のある公園で子育て中です。

キンクロは北海道では繁殖が確認されているようですが、本州での確かな記録はないようです。

Dscn0715 キンクロハジロ♀親と2羽のヒナ

ヒナは3羽いるらしいのですが、2羽しか見当たりませんでした。

どう見てもまだ生まれたばかりです。3日まえの8月9日に生まれたと聞きました

Dscn0732

ヒナが潜った瞬間です。こんなチビでも、ちゃんと潜る術を知っています。すごいですね。

Dscn0720

これが♂親。♀親は羽根に光沢があって元気はつらつですが、お父さんは少しくたびれ気味に見えました。

Dscn0737 いずれもコンパクトデジカメで撮りました。急な動きをしない限り人を恐れません。

いろいろ図鑑を見ますと、北海道の北部や東部で繁殖とあります。清棲図鑑には具体的に塘路湖の名前が挙げてあります。

私も20年ほど前に風蓮湖で10羽位の群を7月に見たことがありますが、繁殖を確認したわけでもありません。

手持ちのどの本を見ても、具体的に巣の様子や卵の数など書かれてはなく、あえて言えば清棲大図鑑だけに塘路湖の名があるだけでした。恐らく巣やヒナの確認は少ないのかもしれません。

北海道へ幾度も行っている私も前記の風蓮での記録以外に、夏に見たことはありません。

たぶん北海道で繁殖といっても滅多に記録されているわけではなさそうです。

冬はどこにでも沢山いますし、越夏個体もよくいます。

因みに私どもがカウント調査をしています埋立地では、2008,2009そして2010年と3年連続してそれぞれ1羽が越夏しました。

それでも繁殖となると、これは大事件、大記録だと思いますが、どうでしょう。

|

« 庭 | トップページ | 埋立地カウント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/49131568

この記事へのトラックバック一覧です: キンクロハジロの繁殖:

« 庭 | トップページ | 埋立地カウント »