« 苫小牧・大洗航路 | トップページ | 三番瀬 »

2012年7月27日 (金)

コノハズクとイヌワシ

Dsc_0521コノハズク


5羽のコノハズクのヒナは、みな無事に巣立ち、森の奥へ消えていったとのこと。

親は赤色型。赤色型のコノハズクのことを、カキズクとも言うそうです。

Dsc_0242日本で繁殖するコノハズクは、日本(含む国後)の固有亜種。種としては世界に広く分布していますが、他の亜種の中には、仏法僧と鳴くものもあるのでしょうか?

Dsc_0610


イヌワシ

帰路伊吹山へ。成鳥ですが、まだ若いイヌワシでした。

丁度伊吹山は花のシーズン。イブキトラノオ、メタカラコウ、シシウド、ヨツバヒヨドリ、ヤマホタルブクロ、キバナノカワラマツバなどなど。
9時をまわる頃には、山頂へつづくお花畑の小路は観光客の行列となります。

Dsc_0634イヌワシも9時すぎを最後に姿を見せなくなりました。
同じころ、深い霧が稜線を包み込みました。

|

« 苫小牧・大洗航路 | トップページ | 三番瀬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/55289694

この記事へのトラックバック一覧です: コノハズクとイヌワシ:

« 苫小牧・大洗航路 | トップページ | 三番瀬 »