« 埋立地 | トップページ | 埋立地 »

2012年11月28日 (水)

渡良瀬ほか

埼玉県の川本町を振り出しに、多々良沼、渡良瀬遊水地と周りました。
全部で66種。とりたてて珍しい種はいませんでしたが、それなりに楽しめました。
シギチは、エリマキシギ2羽、オジロトウネン計10羽、イカルチドリ11羽、コチドリ4羽、シロチドリ2羽、クサシギ2羽。
ワシタカはチュウヒ、ハイチュウ、ノスリ、コチョウゲン、トビ、ミサゴぐらいでしたが、
コチョウゲンの♂成鳥が4羽も一つの枯れ木にとまっていたり・・・
Dsc_0127

ホオジロガモ
7羽いました。成鳥の♂は一羽だけ、あとは♀と若い個体。
一昨年までは20羽以上ここに来ましたが、昨年確認したのは7羽、今年も7羽です。
ここはもともとハクチョウに餌やりをして集めていたところ。
3年前、鳥インフルエンザを理由としてハクチョウへの餌を取止めました。
ホオジロガモの減少。それは餌やりの取止めで
様々な影響が出ているということ。
オナガガモではありませんから、直接ホオジロガモがハクチョウたちに与えられる餌に食べたくて来ていたはずもありませんが、ここが安全であると感じてたから来ていたのに違いありません。
餌をやることに色々批判もありますが、餌をあげる人々の顔はやさしく、鳥たちにはそれが分かるのに違いないと、私は思っています。
ちょっと寂しいですが、まあ、これでいいのかもしれません。

Dsc_0171


Dsc_0158エリマキシギ♂winter



多々良沼に2羽のエリマキシギがいました。2羽とも♂の成鳥冬羽でした。
少しだけ、まだ胸のあたりに夏羽が残っています。

|

« 埋立地 | トップページ | 埋立地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/56211908

この記事へのトラックバック一覧です: 渡良瀬ほか:

« 埋立地 | トップページ | 埋立地 »