« ハギマシコ乱舞 | トップページ | 埋立地 »

2013年2月18日 (月)

斐伊川河口ほか

島根県に来たのはこれが初めてでした。ようやく全県に足を踏み入れたことになります。
冬の日本海側ですからいつも曇天、時折の雪程度ならまだいいのですが、3日間いた中日は短時間ではありましたが激しい吹雪にもなりました。
それでも宍道湖の夕日も見ましたし、大山の雄大な山容も、星空も、激しい雨も様々に体験しました。
ポイントとしては
①2泊3日の探鳥で93種
②珍鳥では、オオモズ、コウノトリ、サカツラガン
③美保関にも足をのばしましたが、海ではオオハム、アカエリカイツブリ、シノリガモなど

Dsc_0198


オオモズ
若い個体です。
Dsc_0514


オオカラモズの噂も聞いていましたが、それは無理そうでした。

.

.

Dsc_0102


コウノトリ
激しく降る牡丹雪のなかで見つけることが出来ました。Dsc_0338

足環はしていませんからシベリアから来た個体なのでしょうか。
写真で見る通り風切羽の黒には部分的に茶褐色が混じります。まだ比較的若い個体のようです。顔も成鳥とは言い難いように思います。

.

Dsc_0024


サカツラガン
ヒシクイが13羽いて、その群のなかにいました。

この10m左にコウノトリがいて、その近くに亜種ハチジョウツグミがいて、200mぐらい右手にズグロカモメが・・・
斐伊川河口は豪華でした。

.

Dsc_0529


アメリカヒドリガモ
これは東出雲市の運河で見つけました

.

Dsc_0543


オカヨシガモ

.

.

.

Dsc_0279

キジ
もうカップルが出来ているようです。
イネの二番穂を啄んでいます。

.

.

Dsc_0544


ハチジョウツグミ
今回2羽のハチジョウツグミを見ました。
写真は東出雲市の干拓地にいた個体。もう一羽は斐伊川河口です。

Dsc_0226チュウヒ




|

« ハギマシコ乱舞 | トップページ | 埋立地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/56794497

この記事へのトラックバック一覧です: 斐伊川河口ほか:

« ハギマシコ乱舞 | トップページ | 埋立地 »