« 斐伊川河口ほか | トップページ | ノハラツグミ »

2013年2月25日 (月)

埋立地

春を前にして、強い寒波がやって来ました。冬の再到来。。凍えるような強い風が埋立地の砂塵を舞い上げます。
震えあがります。

Dsc_0055


セグロカモメ

セグロカモメがカニを捕まえました。
実は埋立地内でカニを見たのはこれが初めて。なぜか今まで一度も埋立地内で見たことがありません。
この写真のセグロカモメも、もしかしたら堤防の外側で捕まえてここまで持ってきた可能性はあります。

Dsc_0044


ミサゴ

ミサゴがボラを捕まえました。
魚の頭部がありません。も切りとって捨てたのだろうと思います。
止まっている杭が細いので、ここでは食べられそうにありません。
♀のミサゴです。

Dsc_0077


埋立地には様々な廃棄物が持ち込まれますが、この一角に捨てられる土は、恐らく豊富なミネラル分が含まれているのだろうと思われます。
このカワラヒワ(亜種オオカワラヒワ)の群も夢中でここの土を食べています。
この一角には多い時には数百羽のスズメ、300羽以上のドバト、数百のムクドリが来て土を食べています。
不思議な一角です。
我々はこの周辺をドバ谷と呼んでいます。ドバトの大きな群が特に目立つからです。
更に不思議なことに、カラスはここを好みません。すくなくとも、ここの土をカラスが食べているのを見たことは、ありません。

|

« 斐伊川河口ほか | トップページ | ノハラツグミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/56840651

この記事へのトラックバック一覧です: 埋立地:

« 斐伊川河口ほか | トップページ | ノハラツグミ »