« 霞ヶ浦 | トップページ | コスタリカのアルバム »

2013年2月 2日 (土)

コスタリカ

コスタリカへ行ってきました。

日本との時差は15時間。同じ北半球ですが、地球のほぼ裏側。
いる鳥もおよそ共通するものは稀です。ガイド氏の説明を聞きながら、いちいち図鑑でチェック。ふと集中力を欠くと、パニックが襲ってきます。
私のメモでは、チームの記録は283種。個体数も鳥との近さも、さすがコスタリカでした。

以下ここに掲げる写真はわずかですし、アルバムももうしばらくしたらアップしますが、どれを選んだものやらと困るほど多くの写真を撮りました。

Dsc_0126a


カザリキヌバネドリ♂
つまりケツァール。たしかに素晴らしい美しさでした。
同じ場所で♂2羽と♀1羽を見ることが出来ました。
標高2000m超の山々をこんもりとした雲霧林が覆っています。そこが彼らの棲みか。

Dsc_0243
カザリキヌバネドリ♂

この2枚の写真は別の個体です。ともに十分餌を食べ終わって休息しているところのようでした。
.

.

.

Dsc_1322ヒメキヌバネドリ
キヌバネドリの仲間はケツァールを含め5種類見ることが出来ました。

東南アジアにもキヌバネドリの仲間が多く棲息していますが、調べてみると属のレベルで別のグループの鳥のようです。姿かたちはそっくりに思われます。
確かにあまり飛翔力がありそうでなく、コスタリカの中でさえ地域で棲み分けているような鳥ですから、アジアに親戚がいるというのも不思議だなぁ・・・と思っていました。

.

.

Dsc_0688Photo

チャボウシスミレフウキンチョウ

フウキンチョウTanagerの仲間も数多く見ました。

.

Dsc_0688_4

クロツノユウジョハチドリ

ハチドリの仲間は26種記録されました。
.

.

.

Dsc_0706


ルリミツドリ

|

« 霞ヶ浦 | トップページ | コスタリカのアルバム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/56679349

この記事へのトラックバック一覧です: コスタリカ:

« 霞ヶ浦 | トップページ | コスタリカのアルバム »