« 京王多摩川 | トップページ | 飛島 »

2014年5月 2日 (金)

与那国島

4月中旬与那国へ行きました。Dsc_2068_2
東崎のヨナクニウマ親子

この日本最西端の島は、馬と牛の島。
着いた翌日からは、
馬糞も牛糞も気にならなくなります。
Dsc_2586
カタグロトビ
今回のハイライトは何といってもこのカタグロトビ。
枯れ枝の天辺でネズミを食べていました。
Dsc_2648
ネズミを引き千切って食べる様子は、特にこの赤い目のゆえでしょうか、悪魔的ともいえる恐ろし気な形相。
海外では何度か見た鳥ですが、警戒心が強くあまり近寄れたことはありませんでした。
今回、食事中であったため比較的近くでじっくりと見ることができました。
.
Dsc_1910
キガシラセキレイ
田んぼにキガシラセキレイが一羽いました。
黄色の鮮やかさや顔つきなどから♂だと思います。
頭部に黒っぽい部分があるのは、
換羽中だからなのか、
あるいは第1回夏ということでしょうか。
.
.
Dsc_2245 
亜種タイワンヒヨドリ
与那国なので亜種タイワンヒヨドリなのでしょう。
つぎの写真は
帰りがけ寄りました石垣島で撮りました亜種イシガキヒヨドリです。
違いはよく分かりません。
色のわずかな違いはその時々の光の具合で変わりますし、並べないと大きさはつかみ難いし・・・
Dsc_2813
.
Dsc_2102
亜種タイワンハクセキレイ
亜種名のタイワンは台湾の鳥という意味ではありませんが、台湾の隣のこの島で偶々でしょうが多くいました。
ルーゲンスは3か4羽ぐらい、タイワンハクは7~8羽。
.
.
嵐の夜がありました。
翌日鳥が入りました。
Dsc_1830オオメダイチドリ
オオメダイ3羽が、メダイ2羽とともに港の草地に降り立ちました。
成鳥夏羽2羽と若い1羽。
,
.
Dsc_1427ツバメチドリ
ツバメチは嵐で入って来たわけではないようですが、最大15羽の群れが祖納の田んぼの上空を飛びました。
確認できた限りではありますが、成鳥ばかりでした。
,
Dsc_2050
チュウジシギ
大きなミミズを咥えています。
チュウジの嘴は7~8cmですので、
このミミズ、
巨大には見えますが、12~13cmぐらいです。普通のミミズです。
Dsc_1905
.ハリオシギ
寸詰まりなのでハリオで間違いなさそうです。
多分4~5羽は祖納の田んぼにいました。
,
,
Dsc_2869
レンカク
石垣島の名蔵で。
第一回冬羽のレンカクです。これまで成鳥夏羽しか見たことがありませんでしたので、はじめて見る衣装です。
Dsc_2745
ズグロミゾゴイ幼鳥
この鳥の幼鳥を見たのも初めてでした。
やはり石垣島で

|

« 京王多摩川 | トップページ | 飛島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/59570570

この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島:

« 京王多摩川 | トップページ | 飛島 »