« タイ北部山岳地帯・・・ルリオタイヨウチョウのこと | トップページ | タイ北部山岳地帯その3・・・ムナグロアカハラとセボシカンムリガラのこと »

2016年1月29日 (金)

タイ北部山岳地帯その2・・・ビルマカラヤマドリとバフマユムシクイ

前回、2012年にタイ北部へ来たとき、ビルマカラヤマドリを見たいとガイドに言っても、ただ首を振るだけでした。
とても数が少ないし、人前に姿を見せることは滅多にないと。

Dsc_3066 今回そのビルマカラヤマドリを見ることが出来ました。

学名はSyrmaticus humiae(Hume,1881)
当時の著名な鳥類学者で、インドの統治に深くかかわる政治家でもあったAllan Octavian Hume(1829~1912)が自身のファミリーネームを種小名としている。
Syrmaはイタリア語辞書で見ると「裳裾の付いた衣服」
日本のヤマドリも台湾のミカドキジも同じこのSyrmaticus属である。
Syrmaticusはusで終わっているので、男性名詞のように思えますが、humiaeは複数形の女性名詞と考えていいのではないでしょうか。
ルリオタイヨウチョウもaeで終わっていました。
Dsc_3079Mrshumespheasant0111dsc_2986
英名がMrs.Hume'sPheasant
ここでMrs.が付きます。
この英名をHume自身がつけたのかは判然としません。
自身が付けたとしたら、彼は愛妻家だったのか?恐妻家だったのか?
あるいは、学名の性別に合わせただけなのか?
後世の人が付けたとしたら、絶世の美女だったから?やはりラテン名が性別にあわせた?
因みに、Mrs.HumeのフルネームはMary Ann Grindall Humeだそうです。
Humeswarbler0111dsc_3767_2 もう一つHumeを名前にもつ鳥が、タイに冬鳥として来ていました。それはバフマユムシクイ
学名がPhylloscopus humei
英名はHume's Leaf Warbler
これにはMrsはつきません。Hume本人と考えていいと思います。
Phylloscopusはusで終わっていますから、男性名詞と考えていいと思います。したがってhumeiは男性名詞となるはず。
ラテン名、英名とも、間違いなくHume本人となります。

|

« タイ北部山岳地帯・・・ルリオタイヨウチョウのこと | トップページ | タイ北部山岳地帯その3・・・ムナグロアカハラとセボシカンムリガラのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/63137047

この記事へのトラックバック一覧です: タイ北部山岳地帯その2・・・ビルマカラヤマドリとバフマユムシクイ:

« タイ北部山岳地帯・・・ルリオタイヨウチョウのこと | トップページ | タイ北部山岳地帯その3・・・ムナグロアカハラとセボシカンムリガラのこと »