« ホシガラス | トップページ | 台風のあと »

2016年9月17日 (土)

レンカク Pheasant-tailed Jacana

もう数週間も前になりますが、川越市の沼に一羽のレンカクが来ていました。

日本には迷鳥として時々飛来する鳥です。
Dsc_0058Dsc_9909 雌雄同色で写真の通りいかにも南国を思わせるきらびやかな鳥。
レンカクは、一妻多夫。抱卵、子育てはもっぱら♂の役割です。
一般に鳥は抱卵・子育ては♀の役割で、♀は地味。言うまでもなく、卵や雛が外敵に見つからないようにするため。
レンカクは、いったいどうゆう了見なのでしょうか?
そう、世界中のレンカクの仲間は皆同じです。一妻多夫で、雌雄同色で、みんな派手。
タマシギはちゃんと、♂は♀より地味です。

|

« ホシガラス | トップページ | 台風のあと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129729/64215076

この記事へのトラックバック一覧です: レンカク Pheasant-tailed Jacana:

« ホシガラス | トップページ | 台風のあと »