2012年4月10日 (火)

埋立地

カモもカモメも随分減って来ました。

オバシギとオオソリハシシギがそれぞれ一羽入りました。越冬系以外のシギは、この春はじめてです。

Dsc_0018オバシギ

後ろのコサギ、黄色い靴下がオレンジ色です。

Dsc_0021


そのコサギの写真を割り込ませます。足は婚姻色のオレンジ色に変っていますが、目先は未だほとんど黄色のままです。

婚姻色への変化がこんな風に進んでいくということ。これもまた興味深いことだと思いました。

Dsc_0038
オバシギの胸の黒斑も濃くなって来ているようです。

タシギは10羽近くが埋立地の泥湿地に、ホウロクシギ1羽とオオソリハシシギ、オバシギが埋立が始まった区画に、オジロトウネン2羽とシロチドリ4羽が荒涼とした埋立整備された区画にそれぞれやって来ました。

Dsc_0076


タシギ

Dsc_0192


オジロトウネン

換羽が始まっています。

もう一羽いたオジロトウネンは冬羽のままでした。

Dsc_0251Dsc_0252
ホウロクシギ
シャコを捕まえました。10分ほど間に2匹のシャコを食べました。

Dsc_0103Dsc_0108

このチュウヒは、ここで越冬した個体です。そろそろ北へ帰る頃です。

0408

| | コメント (0) | トラックバック (0)