2014年1月 1日 (水)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年が鳥たちにとっても良い年となりますよう祈りたいと思います。Dsc_6658

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

立春

今日は立春。ここ数日南の風が入り込んでいますので、暖かな立春となりました。

Dsc_0222


猫の額ほどの庭ですが、ヤマシャクヤクの新芽が大きく膨らんできています。

今年は元気そうな新芽が6本も出て来ました。

.

.

Dsc_0225


そのとなり、地植えにしている中国シュンランの宋梅には花芽が2つ。大富貴には1つ。

春はすぐそこに来ています。ガマのラブソングまであとひと月ほどでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

コスタリカのアルバム

コスタリカのアルバムをアップしました。
http://hstbird.tea-nifty.com/photos/quetzal/index.html
Photo


まだ記述部分は途上です。ぼちぼちやっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

Photo
明けましておめでとうございます。

今年が、野生の鳥たちにとって、少しでもよい年となりますことを、心から祈りたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

ヘビクイワシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

鳥リストの添付のこと

niftyのシステムが変わったのか、エクセルのコピーをブログに貼り付けると上手くいかなくなりました。

鳥のリストやカウント数などを載せて来ましたが、エクセルからのコピー貼り付けがうまくいかなくなったので出来なくなりそうで、困っています。写真掲載だけのブログみたいになってしまいそうです。種数が少なければあらためて入力しますが、そうばかりもいきません。

いい方法をご存知の方教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます

このたびの大地震で被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

そして一日も早く復旧に向けた歩みが始まることと、今厳しい情況にある皆さま方の健康を心からお祈り申し上げる次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

2010年元旦

Img157  新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

ヤマシャクヤク

Dsc_0542 庭のヤマシャクヤクは昨日開花しました。必ず3日だけで、黄ばむこともなくぱらっと落ちます。

透明感のある花です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

庭のエビネ

Dsc_0348_2 Dsc_0344_2  我が家の狭い庭のエビネが咲き始めています

Dsc_0352 ヤマシャクヤクは蕾を膨らませて、明日にも咲きそうです

Dsc_0351 ジャスミンの花も咲き始めました

寒い日が続きましたが、植物のサイクルはあまり変わっていないように思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

日本湿地ネットワーク(JAWAN) 2010年宣言

JAWAN代表の辻淳夫氏が起草されたJAWAN2010年宣言の後半部分を抜粋して転載します。

「・・・2002年COP6で採択された『2010年目標=生物種の絶滅速度を著しく減少させる』の達成が絶望的と判定された今、これまでの議論の延長線上にとどまる限り、かけがえのない地球が壊され続けるのを止められません。・・・略・・・

私たちは今あらためて、ラムサール条約の理念である、山から海までの水でつながる生態系(=生命流域Bioregion)の大切さと、それをズタズタに断ち切ってきた過去数十年の人為を見直さなければなりません。さらにその根源にある人間至上主義、海を埋め立てたものに私有権を与える公有水面の概念や、機械力で出来ることはなんでもして良いとする考え、いのちの世界にさえ知的所有を主張する人間の奢りを反省し、地球のいのちが生き永えられるために、生命の尊厳と共生に焦点を当てた『いのち』の哲学、道理、掟、ルールを取り戻しましょう。」

辻氏は、名古屋の藤前干潟を守りきっただけでなく、名古屋市のゴミ処理のあり方、市民の意識改革までもたらした、まさしく最も尊敬すべき人物だと思います。

もちろん、異論もあるでしょう

私も、いのちに係る知的財産の所有権を否定すべきとは思いません。

それでもなお、この宣言を読んで、涙が溢れるのをこらえられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)