hstbird.tea-nifty.com > 2006年11月30日~12月4日台湾・金門島

クビワムクドリ

クビワムクドリ

これは台北市の関渡にいたクビワムクドリ。
もともと台湾本島にはいなかったそうですが、
ここ数年で入り込んだとのこと。
ただし、まだこの周辺だけにしか棲息していないとのこと
金門島には沢山いました。


クビワムクドリ

クビワムクドリ


ベニサンショウクイの群

ベニサンショウクイの群

何だかわかりませんですね。
でも赤と黄色の、綺麗な何かが
速いスピードで動いていることは、お分かりいただけると思います。
赤が♂、黄色が♀のベニサンショウクイ。その群飛です。
烏来の朝まだ暗い谷を、大きな群が艶やかに飛んでくれました。


ヒメマルハシ

ヒメマルハシ

12月1日烏来で


セグロコゲラ

セグロコゲラ


Photo_35

Photo_35

リュウキュウアサギマダラにそっくりなチョウ
烏来で


ヤマムスメ

ヤマムスメ

台湾の固有種。


カワビタキの♀

カワビタキの♀


ルリチョウ

ルリチョウ

台湾の固有種のひとつ。
烏来で。12月1日。


ヤツガシラ

ヤツガシラ


シキチョウ

シキチョウ


ヤツガシラ

ヤツガシラ


マミジロタヒバリ

マミジロタヒバリ


タカサゴモズがマングローブの上を飛びます

タカサゴモズがマングローブの上を飛びます


クビワガラス

クビワガラス


アオショウビン

アオショウビン


地雷原の看板です

地雷原の看板です


トーチカの跡

トーチカの跡


ギンムクドリ

ギンムクドリ


オニアジサシ

オニアジサシ


オニアジサシ

オニアジサシ


タカサゴモズ

タカサゴモズ


タカサゴモズの暗色型

タカサゴモズの暗色型


タカサゴモズの暗色型

タカサゴモズの暗色型

金門島で暗色型の個体を5つほど見ることが出来ました。
台湾本島に暗色型はいないとのことです。


クロウタドリ

クロウタドリ


ハッカチョウ

ハッカチョウ

金門島で。


シマアカモズ

シマアカモズ

金門島の農業試験場で


金門島の繁華街

金門島の繁華街


ナベコウの飛翔

ナベコウの飛翔


ナベコウ

ナベコウ

金門島に今年は2羽のナベコウが来ています
アオサギと並んで、大きさがよく分かります。


カワセミ♀

カワセミ♀

金門島の村落にある人工の大きな水場で


セイタカシギ

セイタカシギ


ダイゼン・ミユビシギ・シロチドリ・キョウジョシギ・オオメダイチドリ・メダイチドリ

ダイゼン・ミユビシギ・シロチドリ・キョウジョシギ・オオメダイチドリ・メダイチドリ

メダイは1羽、オオメダイは3羽、ミユビは4羽です。
金門島で。


オニアジサシとダイシャクシギ

オニアジサシとダイシャクシギ

金門島の人口湖で


ダイシャクシギ

ダイシャクシギ


ダイシャクシギ

ダイシャクシギ

金門島で


オオバンケン

オオバンケン

金門島で


カタグロトビ

カタグロトビ


カタグロトビ

カタグロトビ

金門島で。
後ろの山は太武山。
金門島最高峰でたしか400mぐらいと聞きました。


ヤマショウビン

ヤマショウビン

12月3日の夕刻、金門島のモクマオウの中にいるヤマショウビンにようやく出会うことができました。
我々が乗る台北行きの飛行機が飛び立つ時間まで、あと丁度一時間という時でした。
きわどかった・・・
写真は
枝から飛び立ち、干潟のカニを捕えた瞬間です。


ヤマショウビン

ヤマショウビン

カニを捕えた次の瞬間。身を翻しました


ヤマショウビン

ヤマショウビン

カニを捕えて止まり木に戻るところです


タイワンキジ

タイワンキジ

首の白い輪が、前で切れていることがよく分かります。


関渡宮

関渡宮

台北市内


ズグロミゾゴイ

ズグロミゾゴイ

12月4日、台北市内の植物園で。
全く人を恐れる様子はありませんでした。


タイワンオナガ

タイワンオナガ

12月4日、台北市内の植物園で


カバマダラ

カバマダラ

台北市内の植物園で


ズアカエナガ

ズアカエナガ

12月4日、台北市内の植物園で。
メジロの群のなかにいました。


ゴシキドリ

ゴシキドリ


ゴシキドリ

ゴシキドリ

12月4日、台北市の植物園で
鳴き声は
ココココココ・・・でした。
たまに鳴くだけのようです