hstbird.tea-nifty.com > 秋の乗鞍岳山麓:2005年9月18日~20日

2005年9月18日から20日まで、タカの渡りを見に乗鞍高原へ参りました。タカの写真はあまりうまく撮れませんでしたので、秋の花と蝶がこのアルバムの中心です。

アケボノソウ

アケボノソウ


アケボノソウ

アケボノソウ

一ノ瀬園地で


ウメバチソウ

ウメバチソウ

一ノ瀬園地で


ウメバチソウ

ウメバチソウ


オヤマボクチ

オヤマボクチ


カワミドリ

カワミドリ

乗鞍スーパー林道で


キツリフネ

キツリフネ

この花の黄色は確かな、しっかりとした黄色。たくさんある花でしたが、いい色だと思います。


キベリタテハ

キベリタテハ

帰りがけ立ち寄った島々谷で


クジャクチョウとマツムシソウ

クジャクチョウとマツムシソウ

アブもいます


クジャクチョウとマツムシソウ

クジャクチョウとマツムシソウ


ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

透明感のある、見ているだけで胃腸がすっきりします。・・・・・???


ゴマナ

ゴマナ

ゴマナでいいと思います。とにかくキクの仲間はわかりにくいです。


サシバ

サシバ

18日サシバは1000羽以上が渡っていきました。上昇気流をしっかり捕らえて上空高くを飛び去りました


サラシナショウマ

サラシナショウマ


シオン

シオン


センダングサ

センダングサ

たぶんセンダングサだと思いますが・・・奈川温泉近くで


ノブドウ

ノブドウ

もう少し冷え込んできたら、青黒くなって来るんでしょう。今はまだ緑のまま。


ハギ

ハギ


ハチクマ

ハチクマ

ハチクマは、九州北部から東シナ海を東へ横切り、中国大陸へ上陸します。テレメーターを使っての研究によると中国からラオス・マレーシア・を経てベトナム・中国南部、そして再び日本の空へとやってくることが判って来ました。写真のハチクマはどうゆうルートを辿って、来年再び乗鞍に帰って来るのでしょう。


フシグロセンノウ

フシグロセンノウ

この息をのむような朱色の花には、屈託のない明るさがある。力強さがあります。


フジアザミ

フジアザミ

アザミの仲間の花には、いつも花アブかハチが来ています。このフジアザミにも虫たちがいっぱい。大きい花なので潜り込んで見えないのもいました。


ベニヒカゲ

ベニヒカゲ

羽の先がだいぶ痛んでいましたが、ハッとさせられる美しさでした。表が撮れなくて残念。島々谷で


ミゾソバ

ミゾソバ


ミヤマチャバネセセリ

ミヤマチャバネセセリ

小さすぎるけど、一応白点が離れてひとつあるのでミヤマチャバネかと ・・・・・ 。この仲間も難しい。       


ヤナギラン

ヤナギラン

花は終わっていますが、これも秋らしくていいですよね


ヤマハッカ

ヤマハッカ

乗鞍スーパー林道で


ヤマハハコ

ヤマハハコ


島々谷で

島々谷で